「営業はしゃべりすぎてはいけない」理由を明確に言えますか?

「営業はしゃべりすぎてはいけない」理由を明確に言えますか?
  • 営業はしゃべり過ぎてはいけない
  • お客さんに、たくさん話してもらうべき
  • 話す比率は、営業:お客さん=2:8

なんて話を聞いたことがあるでしょう。

もちろん仕事の受注率に関わる大切な話ではあるのですが、次にあなたは、

「営業はなぜしゃべり過ぎてはいけないのですか?」

という質問に対して、明確に答えられますか?

もし、この質問に明確に答えられないとしたら、 続きを読む

テレアポで「営業電話お断りです」と言われたら・・・

テレアポで「営業電話お断りです」と言われたら

テレアポのときに最初に電話に出る人から
「営業電話お断りするように言われてまして
お取次ぎできないんです」

と言われたら、
あなたならどうしますか?

    • 社長の知り合いのフリをして改めて電話しますか?
    • お客のフリして電話しますか?
    • なんかのアンケートのフリして電話しますか?

続きを読む

受付突破のテクニックがうまくいかないのは何故?

受付突破のテクニックがうまくいかないのは何故

「電話営業お断りなんです」

そんな受付を突破するために色んなテクニックを駆使して
テレアポに励む営業さんがたくさんいますよね。

例えば、

    • 社長の知り合いのフリをしたり
    • 社長の依頼で既に資料を送っているフリをしたり
    • 頼まれて電話をしたフリをしたり・・・

それだけで「うまくいってます!」という
営業さんは少ないことでしょう。

なぜだと思いますか? 続きを読む

テレアポの受付突破はなぜ難しいのか「受付に対する誤解?」

テレアポの受付突破はなぜ難しいのか

テレアポには「受付突破」という言葉があります。

こんな言葉が世の中には存在するくらいですから、

最初に出る受付の人たちについては、
その会社(お店)の砦を守る兵士たちのような
イメージを持っている人が多いのでしょう。

でも、実際にはそんなことはありません。 続きを読む

テレアポがうまくいかない人が知らずに無視しているコレ・・

テレアポがうまくいかない
  • 一生懸命、自社サービスの良いところを伝えているのに
  • お客さんへのメリットを分かりやすく伝えているのに
  • 相手がスキを見せたと思って、アポクロージングをしても

なかなかアポにならない・・・

熱心にテレアポを続けている営業さんほど、
こんな悩みがあると思います。

でも、こんな悩みがあるということは、 続きを読む

幅広く色々提案しているのに何も引っ掛からないときは・・

幅広く色々提案しているのに何も引っ掛からないときは・・

特に新規営業における初回アプローチでは
相手のニーズもまだあまり良く分かっていない
ことも多いため、相手の薄~い反応に耐え切れず、

    • こんな時にも
    • あんな時にも
    • いや、とりあえず何かあったら私に!

こんな風に「幅広い」対応イメージを
アピールしてしまう。

「なんか引っ掛かってくれ~!」
という願いも込められているのでしょうけど、

結局、お客さんからは一切、音沙汰なし。。。 続きを読む